パラーモンゴゼブラ -Acanthoscurria fracta-

2017.03.01 Wednesday 03:28
0

    パラーモンゴゼブラ
    【Acanthoscurria fracta】

    丁度100年前に記載されたミレニアム野郎です!!

    Acanthoscurriaといえばゲニキュことサンタレムピンクヘアードが不動の人気種で、他はパッとしない印象ですが…(´∀`;)

    というかそれしか知らないって人もかなりいるかも笑
    まぁあれです、綺麗で成長早くてデカイと三拍子揃ってれば仕方がないのかもしれませんorz

    じゃあパラーモンゴゼブラの紹介といきませう!

    ブラジル北部パラー州や中西部マトグロッソ州に生息している、マニア垂涎の種!!
    タランチュラ先進国でも very rare といわれるように、安定した流通はおろか目にする機会もほぼ無く知らない方も多いことでしょう。
    ※私は日々お世話になってるスペシャルな輸入屋さんからゲットしましたよ(*・ω・*)/

    こやつ実は、手に入らないことを除けば恐ろしいぐらいスター性とポテンシャルを秘めてまして。

    先ずは画像では少し分かりにくいですが、全体的にピンク色で実に妖艶なのです。サイズ的にも体長8cm、LSは18〜20cmという巨大大土蜘蛛なのです!
    WC個体とのことでドキドキワクワクしながら到着を待った訳ですが、開けた途端『え…ちっさ!!!!』とびっくりしました(-。-;
    その割に価格はかなりの高額。
    もうね、これで♂だったらどうしよう…というドキドキに変わったのであります。

    まぁ幸いにも2度の脱皮を終え、無事♀であることが判りホッと肩をなでおろした訳ですが。

    流石WC!脱ぐ度に綺麗になっていく様は四季を眺めているかのよう(大げさ)
    カラーは妖艶、サイズは馬鹿でかい!おっと、これはもしやしてゲニキュを追い抜くのか…!?
    と思いきや、三拍子揃いませんでした笑

    成長がめちゃくちゃ遅い…笑

    ブラキでももう少し早いぞ??と言いたくなるレベル。
    まぁその分寿命が長いということで、一部情報によれば30年近いということですよ。
    性格はアグレッシブ、超短気でバシバシ刺激毛を飛ばしてきます。
    ワクワクしますね?笑
    飼育に関しては24〜28℃、湿度75%ぐらいがしっくりくるようです。
    うちは26℃、70%程度で管理してますが、ガンガン食い溜めて、脱皮前拒食に突入してます。

    生きてるうちにアダルトの姿観れるかな?笑
    こやつはまたいつの日か、WCADを拝みたいな〜(^^)

    因みに同じパラー州にはbrocklehurstiも生息してますよ〜(^O^)

    てことで以上!!
    category:- | by:arsenal-shotacomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    Selected entry
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM