annithaなsmithiの話

2018.10.05 Friday 03:16
0
    タラの属名・学名はコロコロ変わるし、sp.の整理もイマイチだし、わかんなきゃ取り敢えず産地表記だし…
    まぁ今に始まったことじゃないですが…

    とかなんとか思ってたら、もう発表されてからある程度時は経ちましたが、
    『え!?そこ変える!!?今更!?』な大事件が…

    そう、まさかのアカプルコレッドニーことannithaがsmithiに…
    更にはメキシカンレッドニーことsmithiがhamoriiに…
    DNA調べてみたら同種だったんだそうな´д` ;
    地域差…的なシェケなベイビー!

    いやはや…それ今の今までわからなかったんだろうか…びつくりですよ。
    技術の進歩のおかげで判明した、そう自分に言い聞かせることにします、ハイ。

    しかしながらですよ、こんなメジャー種が突如としてこんな事になるわけですよ。今後またどうなるかわかりゃしませんので、はかり間違ってもクロスしちゃわないようにしましょうね汗
    変わった学名がsmithiなんでそこまで深く知らない連中が元smithiと見分けも付きにくいし、smithi同士だー!!とかけちゃうことを只々心配するばかり…

    そんな元annitha、チラリと述べましたが、まぁ元smithiと見分けのつかないタイプが多いんですよね。
    昔よく見かけたV字タイプなら明らかな違いがありますけど…

    どうです??
    何処からともなく、え?とか、は?とか聞こえてきそう…笑
    これ1枚目はannithaで2枚目はsmithiなんですけど…ね…苦笑

    何を隠そう、長いこと蜘蛛扱ってますが、実はV字annithaを持ってなかったんです…!笑
    やれ脚の色味が違うのか、大きく育てばV字になるのか、大きくってどんぐらいまで??みたいな笑
    結果あれね、今だから言えるけど、V字にならんやつはならんっ!!!爆笑

    ならないからといってannithaじゃないとかアルバラードじゃないとか言う話ではないのでご安心を←

    そんな訳で漸くゲットしたV字annithaをコソッと貼っつけて終わる、自己満足な更新なのでした…笑
    成長云々ではなく、こやつは早よからこの模様です!が、そこに重要性はないようでございます(´∀`;)

    気になるようであれば、複数別ルートで入手してみると面白いかも?
    category:- | by:arsenal-shotacomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    Selected entry
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM